税の仕組み、理解深める 那珂川・馬頭西小で教室

 【那珂川】氏家法人会主催の租税教室が7日、馬頭西小で開かれ、6年生4人が税金への理解を深めた。

 小学生に税金の知識や興味などを持ってもらう目的で開催され、同校では4回目。

 同会那珂川支部の小峰直人(こみねなおと)副支部長(52)が講師を務め、住民税や所得税、消費税などさまざまな種類の税金を児童に説明。続いて税金がなくなった世界を表現したアニメを観賞し、学校や消防などに税金が使われていることを学んだ。

 またクイズ形式で、ポテトチップス税や扇風機税など国内外のユニークな税金についても紹介された。