キリンビール跡地で撮影されたミュージックビデオに出演する中島さん(前列左から2人目)やバンドのメンバーら(提供写真)

「僕らの唄」のCDジャケット

キリンビール跡地で撮影されたミュージックビデオに出演する中島さん(前列左から2人目)やバンドのメンバーら(提供写真) 「僕らの唄」のCDジャケット

 【高根沢】ご当地ソングコンテストでグランプリを受賞した町の地域おこし協力隊員中島伸雄(なかしまのぶお)さん(31)率いる「のぶおばんど」がミニアルバム「僕らの唄」を自主制作、26日に全国CDデビューを果たす。軽快なリズムの受賞曲「住めば都の高根沢」や町の成人式のために作ったロック調の「あの日の僕へ」など6曲を収録。中島さんは「CDを出したいという夢がかなった。高根沢の名が全国に知られるように頑張りたい」と話している。

 のぶおばんどは、ボーカル兼ベースの中島さんが2016年に高根沢へ来てから知り合ったギター小林洋城(こばやしよしくに)さん(29)、キーボード花崎右門(はなさきうもん)さん(30)、ドラムス梅田貴之(うめだたかゆき)さん(29)の4人組で17年11月に結成。中島さんが作詞作曲した「住めば都の高根沢」は今年5月のご当地ソングコンテスト「YOITOKOよいうた大募集」(サウンドハウス主催)で初代グランプリを受賞した。