鬼怒川高原開発の社員らが行った清掃活動

 【日光】鬼怒川温泉の観光名物「鬼怒川ライン下り」が29日、今季の営業を終え、運営する鬼怒川高原開発の社員らが船の清掃などを行った。

 今季は4月15日から11月29日まで、228日間営業した。天候等の影響で欠航したのは5日間で、同社によると「欠航日はデータを取っているなかで最少」だという。欠航日が少なく、例年よりも2週間ほど紅葉が早まったこともあり、乗船人数も13年以来の約12万人を記録した。