本県の冬は寒暖差に注意-。慶応大理工学部の伊香賀俊治(いかがとしはる)教授が28日までにまとめたデータによると、本県の冬季(12~3月)死亡リスクは全国1位。朝晩の冷え込みが厳しい特徴的な気候や住環境などが要因とみられ、12月を前に寒さ対策に万全を期す必要がありそうだ。

 寒さで血圧が上昇しやすい冬季は全国的に死亡者が増える。伊香賀教授は厚生労働省の2014年人口動態統計に基づいて月平均死亡者数を比較し、「冬季(12~3月)死亡増加率」を算出。本県の冬季は1995・5人で4~11月の1596・7人に対する増加率は25・0%となり、全国で最も高かった。