契約書を交わし、握手する仲井社長(左)とスミス社長=28日午前、都内

 米ホテル大手マリオット・インターナショナルと積水ハウス(大阪市)は28日、「道の駅」隣接のロードサイド型ホテルを2020年秋以降、本県など5府県の15カ所に約1千室規模で開業すると発表した。県内は宇都宮、日光、茂木の3市町が対象。増えるインバウンド(訪日外国人客)の多様化する旅行ニーズに応え、地方における体験型の旅のスタイルを提案する。

 今回の開業は第1弾。自治体と連携し、順次、全国へ展開していく考えだ。

 県内で対象となる道の駅は、宇都宮が「うつのみやろまんちっく村」、茂木が「もてぎ」。日光の場所は協議中という。日光には「湯西川」と「日光街道ニコニコ本陣」がある。

 ホテルブランドは、マリオット社が世界で900軒以上運営する「フェアフィールド・バイ・マリオット」。今回が日本初上陸となる。シンプルな宿泊特化型で、食事や体験活動などは道の駅をはじめ、他の地元施設を利用してもらい、地方創生につなげる。料金は1室2人利用で、1万~1万5千円程度を想定する。

 延べ床面積と部屋数は、茂木が2030平方メートルで50室、宇都宮と日光が各3200平方メートルでそれぞれ87室、90室。いずれも3階建て。積水ハウスが施工し、マリオット社が運営する。

 ほかの4府県は京都、岐阜、三重、和歌山。いずれも2~4カ所の市町村が選ばれている。

 積水ハウスの仲井嘉浩(なかいよしひろ)社長は「交通機関や、メジャーな観光地が控えているといった調査も行った。このホテル(同士)を結び、三大都市圏で(マリオット社と)開くシティー系ホテルとの連携で十分、地方にも集客できる」と述べた。

 マリオット社のクレイグ・スミスアジア太平洋社長兼マネージングディレクターも旅行産業の成長やインバウンドの伸びに触れ、今回の取り組みを「大きなチャンスだ」と強調した。

 福田富一(ふくだとみかず)知事は「栃木県は『観光立県とちぎ』の実現に向け、誘客に取り組んでいる。より多くの来県を期待し、お客さまを日本一のおもてなしでお迎えする」と歓迎のコメントを寄せた。