釜川沿いを彩るイルミネーション=28日午後5時35分、宇都宮市曲師町

 色鮮やかに輝く光が街を彩る宇都宮市中心部の冬の風物詩「うつのみやイルミネーション2018」が、釜川周辺やオリオン通りなどの商店街を中心に開かれている。樹木や街灯などが発光ダイオード(LED)電球約20万個で飾られ、28日も青と白の光が煌々(こうこう)と照り渡った。

Web写真館に別カットの写真

 宇都宮市中心市街地ライトアップ実行委員会(須賀英之(すかひでゆき)会長)と歴史と光のフュージョンプロジェクト実行委員会(中津正修(なかつまさし)委員長)が主催。