外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案が衆院法務委員会で強行採決され、衆院を通過した27日、県民からは「審議が足りない」「現場の実態を見ていないのではないか」などとの声が上がった。受け入れ拡大には賛成するものの、法案成立を急ぐ政府や与党の国会運営、法案審議に対して批判が相次いだ。