清滝ドラゴン-宇都宮ブルーインズAクラスリーグ戦 第3ピリオド1分、清滝のFW斎藤が突破を図る=日光市細尾ドームリンク

 第17回日光市体育協会長杯少年アイスホッケー大会は6、10、11の3日間、日光市の細尾ドームリンクで行われ、小学生高学年がしのぎを削るAクラスは清滝ドラゴンが連覇を達成した。

 大会は小学A、小学B(低学年)、中学の3クラスで熱戦を展開。小学の部は2クラスとも清滝ドラゴン、日光イースタン、今市ボンバーズ、宇都宮ブルーインズの4チームが1回戦総当たりのリーグ戦で優勝を争った。

 小学Aクラスは最終日、2勝で並ぶ清滝ドラゴンズと今市ボンバーズが天王山で激突。第1ピリオドに先制した清滝ドラゴンズが5-3で競り合いを制した。小学Bクラスは今市ボンバーズと清滝ドラゴンが2勝1分けで並び、得失点差により今市ボンバーズが頂点に立った。