車の運転手らに横断歩道での歩行者優先を訴える参加者ら=26日朝、宇都宮市昭和3丁目(県警提供)

 信号機のない横断歩道で車が一時停止した割合の調査で、本県が全国最下位だったことを受け、県警は26日、「『止まってくれない!栃木県』からの脱却を目指す日」と銘打った取り締まりと広報活動を始めた。28日まで県内全域で実施する。

 日本自動車連盟(JAF)が実施した信号機のない横断歩道で車が一時停止した割合は本県が0・9%で全国平均(8・6%)を大きく下回った。