放射性物質を含む指定廃棄物の処分場問題で、農家が一時保管を続ける6市町を対象とした市町長会議が26日、県公館で開かれ、農家の負担軽減に向けて市町ごとの暫定集約に合意した。