第2回とちぎ次世代の力大賞(PDF)

下野新聞社は、第2回「とちぎ次世代の力大賞」の応募を12月1日より開始します。

魅力的な地域社会の形成には、次世代を担う若い力が欠かせません。ビジネス、文化、芸術など多方面で活躍する40歳未満の方を対象に、新たな発想で地域社会に活力をもたらし、後世に残る業績が期待される若手を顕彰します。受賞団体、個人には賞金を贈り、紙面で活動内容を詳しく紹介します。

【部門】

①ビジネス・産業部門(商業、工業、鉱業、農業、林業、水産業、医療、福祉など)、②文化・地域貢献部門(学術、教育、伝統芸能や工芸を含む芸術、地域貢献、地域活性化など)

【対象】

各分野で活躍中の40歳未満で、本県出身、本県在住または本県を主な活動拠点としている方。団体の場合は、主たる構成員が40歳未満であること。自薦、他薦を問いません。

【受付方法】

規定様式の応募用紙に必要事項を記入の上、事務局に郵便またはメールでお送りください。応募用紙は以下のリンクからダウンロードください。また下野新聞社本社・総支局でも配布します。

応募用紙のダウンロードはこちら

【応募期間】

12月1日から来年3月31日(必着)まで。

【賞】

2部門の中から大賞1件、各部門で奨励賞数点。大賞は賞状・トロフィー・賞金30万円、奨励賞は賞状・トロフィー・賞金5万円

【選考】

下野新聞社の社内選考を経て、県内学識経験者および各界の代表者による最終選考を行い決定します。

 主催 下野新聞社
 協賛 栃木銀行、JA共済連栃木、東武宇都宮百貨店、井上総合印刷
 後援 県、県教育委員会他
 応募先・お問い合わせ 〒320‐8686宇都宮市昭和1‐8‐11下野新聞社教育文化事業部内「とちぎ次世代の力大賞」事務局まで。☎ 028・625・1134、✉ jigyo@shimotsuke.co.jp