葉鹿仲町の屋台で演技を披露するあしかがこども歌舞伎

 【足利】市内外の小中高生で活動する「あしかがこども歌舞伎」の公演が25日、葉鹿町の葉鹿仲町自治会館広場で行われた。制作当時の姿に復元された同町の屋台を舞台に、子どもたちは堂々と演技を披露した。

 同町の屋台は江戸時代後期に作られたとされる市指定文化財。老朽化が進んでいたため、昨年85年ぶりに部材の交換や彫刻の塗り直しが行われた。