市内初の認知症カフェとしてオープンした「八州苑」

 【栃木】認知症の人や介護者が集う認知症カフェ「八州苑(はっしゅうえん)」が25日、藤岡町太田の介護老人保健施設「やすらぎの里 八州苑」にオープンした。市登録第1号で、月1回、無料で飲食できるカフェやコンサートを開き、相談窓口も開設する。市内には他にも認知症カフェ開設の準備を進める動きがあり、認知症高齢者への支援や啓発活動の広がりが期待される。

 同施設が音楽療法を取り入れていることから、カフェと併せプロ歌手によるコンサートも開く。相談窓口では施設の介護支援専門員らが相談員を務める。

 オープン初日は地元の住民や入所者の家族ら約80人が訪れ、コーヒーを飲みながら相談員らと談笑したり、コンサートで懐かしの歌を楽しんだりした。