とちぎ女性会議でトークセッションする桂氏(左)と福田知事=24日午後、県庁

 男女共同参画社会の実現や栃木の未来について考える「とちぎ女性会議2018」が24日、県庁で開かれ、約150人が参加した。4回目の今回は「愛アル、栃木」がテーマで、福田富一(ふくだとみかず)知事とブライダルファッションデザイナーの桂由美(かつらゆみ)氏のトークセッションなどが行われた。

 県内の女性経営者らで組織する実行委員会が主催した。トークセッションで桂氏は「夢はお城のように大きく持ち、ビジネスは石垣を積んでいくようにやることが大切」と語った。