避難所の設営を体験する参加者ら=24日午後、宇都宮市内

避難所の設営を体験する参加者ら=24日午後、宇都宮市内

避難所の設営を体験する参加者ら=24日午後、宇都宮市内

避難所の設営を体験する参加者ら=24日午後、宇都宮市内
避難所の設営を体験する参加者ら=24日午後、宇都宮市内 避難所の設営を体験する参加者ら=24日午後、宇都宮市内

 とちぎ防災マスター育成講座(下野新聞社主催、県共催、JA共済連栃木特別協賛)が24日、1泊2日の日程で宇都宮市昭和1丁目のニューみくら体育館で開かれた。3回目の今回は20~70代の約30人が参加し、避難所の設営などを体験した。

 避難所での生活を体験することで、日頃の防災・減災意識の向上や災害時の対応力を高めることが狙い。参加者は宇都宮中央消防署員の救命講習を受けたほか、県防災士会の指導で体育館に避難所を設営。宿泊も体験する。