夜通し続いた降雪作業=24日午前7時55分、那須塩原市湯本塩原、小型無人機から

 県内で最も早い12月1日のオープンを目指す那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」で、人工降雪機を使ったゲレンデ造りが急ピッチで進んでいる。

Web写真館に別カットの写真

 人工降雪は氷点下3度以下の環境で実施。23日夜から24日早朝にかけて、山頂部の上級者コース(標高約1600メートル)は氷点下6度まで冷え込み、絶好の作業コンディションとなった。