威勢良く梵天を掲げながら練り歩く若者ら

 【宇都宮】農作物の収穫に感謝し、神社に梵天(ぼんてん)を奉納する梵天祭りが23日、今里町の羽黒山神社周辺で行われ、梵天を担いで練り歩く勇壮な姿を見ようと大勢の家族連れでにぎわった。

 Web写真館に別カットの写真

 祭りは江戸時代中頃に始まったとされ、350年以上続いている。15メートルほどある竹竿(たけざお)の先端にカラフルな房を取り付けた梵天は神様を迎える際の目印で、災いなどを払い、清める意味があるという。