カステラを奉納した稲延さん(中央)、美帆さん(右)と柳田禰宜

カステラを奉納する、いねや3代目稲延和幸さん(左)

カステラを奉納した稲延さん(中央)、美帆さん(右)と柳田禰宜 カステラを奉納する、いねや3代目稲延和幸さん(左)

 【芳賀】地元の特産品にしようと、創業80年以上の祖母井(うばがい)の老舗菓子店「いねや」は祖母井神社とタイアップしたカステラ「星宮三光大明神かすていら」を作り、22日に開かれた神社の例祭で奉納した。同店で一時販売を取りやめていたカステラを復活させ、神社が祭る3神にちなんだ3種類の味で販売し、地域の活性化などに役立てる。

 同店の3代目稲延和幸(いなのべかずゆき)さん(58)と長女で4代目の美帆(みほ)さん(30)が共同で作り上げた。