記者会見でポーズをとる、楽天新入団の弓削(前列左端)ら=22日、仙台市

 楽天は22日、仙台市内で育成選手を含む新入団10選手の記者会見を行い、背番号「23」に決まったドラフト4位の弓削隼人(ゆげはやと)(佐野日大高-日大-SUBARU)は「社会人なので1年目から頑張る」と抱負を語った。同1位の辰己涼介(たつみ・りょうすけ)外野手は「楽天のユニホームを着て少しでも早く野球がしたい。1年目からアピールしてチームの顔になれるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 弓削の一問一答は次の通り。

 -会見を迎えた今の心境は。

 「ドラフト当日は少し浮足立っていたが、こうして大勢の方たちに囲まれてやっとプロ入りを実感した」

 -自身のアピールポイント、背番号についての思いは。

 「身長があるので、角度を生かしたピッチングを武器にしたい。(23は)すごく若い番号でいい数字をいただいた。それに恥じないように1年目から頑張る。過去につけられていた方たちにがっかりされないように、堂々とプレーしたい」