スマートフォンを使ったキャッシュレス決済端末の動作を確認する川和さん(左)=10月下旬、那珂川町馬頭

 現金を使わずにクレジットカードや電子マネーなどで代金を支払う「キャッシュレス決済」。県内でも活用が広がりつつあるものの、十分に浸透していると言えないのが実態だ。政府が来年10月の消費税増税時に予定するポイント還元策で利用拡大が注目されるが、県内の専門家は消費者の抵抗感や事業者のコスト増意識を背景に「急激な変化はない」とみる。一方、海外ではキャッシュレス決済がより浸透しており、インバウンド(訪日外国人客)対策として普及が進む可能性を指摘している。