県は22日、行楽シーズンの渋滞緩和を狙い、日光市の第2いろは坂(国道120号、上り)で10月27日~今月4日に実施した一方通行化の社会実験で、通過時間が約2時間短縮したと発表した。今後、地元自治会や沿道の土地所有者らの意見を踏まえながら、通年での一方通行化を検討する。

 実験では第2いろは坂の上部に当たる明智平から二荒橋前交差点まで約2キロの対面通行区間を、上り2車線の一方通行とした。