アート作品を前に紅茶を楽しむ来店者

 【宇都宮】多様な紅茶の香りや味をアートで表現した作品展が、曲師(まげし)町の紅茶専門店「ワイズティー」で開かれている。25日まで。

 総務省の家計調査で消費量全国1位を獲得したこともある市で紅茶文化を広げるとともに、若手のアート作家が表現する機会をつくろうと企画。同店の根本泰昌(ねもとやすまさ)代表(44)が市出身のアート作家Ushimaru Saeki(ウシマルサエキ)さん(32)とフードイラストレーターまるやまひとみさん(28)に声を掛け、8月から準備を進めてきた。