23日にオープンする「かぬま里山わいん」の直売施設=鹿沼市下奈良部町

 自社ブランドワイン「かぬま里山わいん」の醸造を始めた宇賀神緑販(鹿沼市下奈良部町、宇賀神朋(うがじんとも)社長)は23日、同所の醸造場に隣接した直売施設をオープンする。

 「大人の遠足館」をコンセプトにした直売施設は広さ約170平方メートル。最長10年のビンテージも含めデラウェア、キャンベル、メルロー、シャルドネ、ナイアガラのワイン5種を販売する。来年4月下旬にはベリーAを加え、6種の自社醸造ワインを提供する。