職場で事務作業に取り組む原被告=10月下旬、千葉県内

職場で事務作業に取り組む原被告=10月下旬、千葉県内

職場で事務作業に取り組む原被告=10月下旬、千葉県内 職場で事務作業に取り組む原被告=10月下旬、千葉県内

 群馬県太田市内のスーパーで菓子を万引したとして窃盗の罪に問われ公判中の足利市出身、元マラソン日本代表原裕美子(はらゆみこ)被告(36)が20日までに、下野新聞社の取材に応じ、実業団入り後の減量をきっかけに過食と嘔吐(おうと)を繰り返す摂食障害を発症し、食品の万引が常習化した経緯を振り返った。加えて無月経や骨密度の低下など、極端な体重制限を契機に心身に異変が生じていたことを明かした。

 原被告は高校卒業後、実業団に入った。1日に何度も体重を量り、厳しく管理した。食事も満足に取れず、我慢できずに食べた際は深夜にサウナを使うなどして体重を落とした。

 吐くことを覚えたのは、入団1年目の12月。「好きな物を食べられるし体重も増えない」と1日3回、食べたら嘔吐を繰り返した。

 医療関係者によると、摂食障害と常習的な窃盗は併発しやすいとされる。原被告は「けがで結果が出ず、いら立ちを万引で解消したこともある。食べているときと盗んでいるときは、つらいことが忘れられた」と振り返る。