勢いよくスタートする親子ランナー

 【宇都宮】第32回宇都宮マラソン大会(市、下野新聞社、市教委など主催)が18日、清原中央公園周辺で開かれ、晩秋の穏やかな日差しの下、多くの市民ランナーや親子ランナーが思い思いの走りを楽しんだ。

 2キロからハーフマラソンまでの全19クラスに、全国各地から6070人がエントリー。大会名誉会長の佐藤栄一(さとうえいいち)市長は開会式で「健康寿命を伸ばすことがわれわれの使命。市が始めた健康ポイント事業にもぜひチャレンジしてもらいたい」などとあいさつした。