愛媛県知事選で3選を決め、万歳する中村時広氏=18日夜、松山市

 中村時広氏

 愛媛県知事選で3選を決め、万歳する中村時広氏=18日夜、松山市  中村時広氏

 任期満了に伴う愛媛県知事選は18日投開票の結果、無所属現職中村時広氏(58)が、市民団体代表幹事和田宰氏(66)=共産推薦=と介護サービス会社社員田尾幸恵氏(49)の無所属2新人を破り、3選を果たした。投票率は39・05%で前回を3・88ポイント下回り、過去最低となった。

 中村氏は自民、立憲民主、国民民主、公明、社民各党の地方組織の支援を受けた。7月の西日本豪雨で被害を受けた農業の振興や防災・減災対策、地域経済活性化への取り組みを強調した。

 学校法人「加計学園」幹部が県などに虚偽の説明をした問題を追及した経緯もあり、知名度は高く、支持固めは順調だった。