晩秋に境内を彩る紅葉=18日午前、那珂川町馬頭

 那珂川町馬頭の乾徳寺で紅葉が見頃を迎え、境内を色鮮やかに彩っている。

 Web写真館に別カットの写真

 同寺は樹齢200年以上の白フジで知られる古刹(こさつ)。薄日が差し込んだ18日は、境内の山門や鐘楼、本堂に続く参道でケヤキやヤマモミジなどが赤や黄色に色づき、過ぎゆく秋を惜しんでいるようだった。この日、近くの同町馬頭広重美術館や商店街では「広重紅葉まつり」も開かれ、町内は終日大勢の観光客でにぎわった。

 那須烏山市中央1丁目、会社員斎藤和彦(さいとうかずひこ)さん(62)は「毎年、春と秋に来ています。紅葉が美しく鎌倉のお寺のようで風情がありますね」と話していた。同寺によると、紅葉は11月中は楽しめるという。