17日午後4時5分ごろ、小山市神鳥谷(ひととのや)の県道小山環状線の路面が陥没していると、通行人らから小山署などに通報があった。同所で下水道工事を実施している同市が調べたところ、道路が長さ約2メートル、幅約1メートルにわたり陥没していた。

 小山署は陥没現場の東西約110メートルを通行止めにし、迂回(うかい)措置を行ったが、18日午前1時45分に仮復旧工事が終了し、交通規制が解除された。この陥没で、けが人はいなかった。