優勝したアリーナ・ザギトワのフリーの演技=モスクワ(共同)

 女子フリーでジャンプする白岩優奈=モスクワ(共同)

 7位だった山下真瑚のフリーの演技=モスクワ(共同)

 優勝したアリーナ・ザギトワのフリーの演技=モスクワ(共同)  女子フリーでジャンプする白岩優奈=モスクワ(共同)  7位だった山下真瑚のフリーの演技=モスクワ(共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯最終日は17日、モスクワで行われ、女子はフリー142・17点でショートプログラム(SP)に続き首位となった平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が合計222・95点で第3戦フィンランド大会に続き優勝した。

 ファイナルを含めてGP通算5勝目で、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)進出を決めた。白岩優奈(関大KFSC)は合計180・93点で5位、山下真瑚(愛知・中京大中京高)は7位、松田悠良(中京大)は9位と振るわなかった。