バドミントンの香港オープンは17日、香港で各種目の準決勝が行われ、女子シングルスで奥原希望(日本ユニシス)が決勝に進んだ。第1シードの戴資穎(台湾)が第2ゲーム途中に棄権した。男子シングルスは西本拳太(トナミ運輸)が決勝に進んだが、桃田賢斗(NTT東日本)は韓国選手に逆転負けした。

 女子ダブルスの福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダーズ)はインドネシアペアに2―1で逆転勝ちし、決勝へ進んだ。米元小春、田中志穂組(北都銀行)は韓国ペアに屈した。