壬生高生徒による着物のファッションショー

 【壬生】本県の文化の魅力を発信するイベント「とちぎの『技(わざ)・(巧たくみ)』親子体感フェスタ」(県主催)が17日、国谷のとちぎわんぱく公園で開かれ、多くの来場者でにぎわった。

 とちぎ版文化プログラムリーディングプロジェクト事業の一環。伝統工芸体験コーナーでは藍染めや竹の小花かご作り、ふくべ細工、みぶ玉作りなど九つのブースで多くの人がチャレンジしていた。

 ステージでは佐野市出身の書道家さおりさんと足利市出身の染織画家西形彩庵(にしかたさいあん)さんによるコラボレーションパフォーマンスが披露されたほか、地元壬生高の女子生徒による真岡木綿、足利銘仙、結城紬(つむぎ)のファッションショーや和太鼓演奏が行われ、大きな拍手が送られた。