自動運転システムの実証実験で、同時に走行するワゴン車(手前)とゴルフカートの改造車=17日午前、愛知県豊橋市

 愛知県は17日、同県豊橋市の豊橋総合動植物公園で、運転席に人を乗せずに車2台を同時に走らせる自動運転システムの実証実験を行った。将来的には園内のバスや、過疎地での高齢者向けタクシーへの導入を想定している。県によると、遠隔監視で自動運転の車を複数台、同時走行させる実験は全国で初めて。

 1周約1・5キロのバスルートの道路形状を記憶させた専用のワゴン車とゴルフカートの改造車で実施した。ハンドル、アクセル、ブレーキは自動制御され、緊急時は遠隔でブレーキ操作する。

 2台は30mほど車間距離を空けて時速7キロ以下で走行した。