最優秀となった作品を掲げる佐藤君(右)と市オリジナルエコバッグを手にする石坂市長

市オリジナルエコバッグを手にした石坂市長と共に前列に並ぶ受賞者。中央が最優秀の佐藤君

最優秀となった作品を掲げる佐藤君(右)と市オリジナルエコバッグを手にする石坂市長 市オリジナルエコバッグを手にした石坂市長と共に前列に並ぶ受賞者。中央が最優秀の佐藤君

 【真岡】市が公募していたエコバッグデザインの最優秀作品に、イチゴをモチーフにした真岡西小3年佐藤漣(さとうれん)君(9)のイラストが選ばれ16日、市役所で表彰式が行われた。エコバッグ作製は市内中学生の発案。次世代を担う子どもたちのアイデアがつながり完成した。

 作製は、真岡中3年横山慶(よこやまけい)さん(15)が昨年の「子ども議会」で「市だけのオリジナルエコバッグなら、みんなの意識がより高まるのでは」と考え提案。市が採用し今年7~9月、デザインを募集した。