色づいた境橋周辺の紅葉=16日午後、那須烏山市宮原、小型無人機から

 那須烏山市内を流れる那珂川沿いの落石地区で、カエデなどの落葉樹の紅葉が見頃を迎えている。

Web写真館に別カットの写真

 河川に架かる宮原の境橋付近も撮影スポットのひとつ。青空が広がった16日は朝から写真愛好家が訪れ、紅葉と境橋との調和を写真に収めていた。

 境橋は1937年に建造され、土木学会の選奨土木遺産に認定されている。長さは約112・5メートル。

 茨城県行方市手賀、農業出沼広志(いでぬまひろし)さん(71)は「橋が自然の中に溶け込んでいるよう。美しいところですね」と話した。

 同市商工観光課によると、紅葉は来週中ごろまで楽しめそうだという。