【日光】栗山地区の地場産野菜や工芸品などを販売する地域活性化イベント「栗山マルシェ2017」が10月21日に初開催される。今年4月に栗山小と統合した栗山中の旧校舎敷地を活用した地域住民主体のチャリティーイベントで、敷地を活用した催し物としても初めての試み。売上金の一部は地域福祉の財源などにも充てる。

 「秋の栗山は魅力がたくさん!!」と銘打たれたイベントは、地域住民などで構成する実行委員会と栗山地区社会福祉協議会の共催。自然に囲まれた山間部の魅力を引き出し、地域住民と観光客の交流促進を目的に企画した。

 当日は自治会や個人事業者が参加し、地元で栽培された大根や里芋、ニンジンなど各種野菜や、木工品やインテリアグッズを販売するほか、鹿革アクセサリー作りの体験(有料)などが行われる。