【那須烏山】市と高根沢町、JR東日本大宮支社、栃木銀行で構成する「JR烏山線沿線まちづくり推進協議会」は22日までに、同線や両市町の魅力などを紹介する冊子を作製し、両市町の関係施設などで無料配布を始めた。市が同日の定例記者会見で発表した。

 同線の利用促進などを図ろうと作製した冊子はA5判16ページ。表紙に田園地帯を走る同線の蓄電池駆動電車「アキュム」の写真を使用。同線の概要や両市町の観光名所、伝統文化、グルメなどを紹介している。