【那須】イノシシによる農作物被害を防止するため、町は10月から電気柵などの整備を対象に補助金を支給する。町内で農産物を生産販売する農家や法人、団体のほか観光事業者も補助の対象。捕獲と合わせ鳥獣被害を防ぐ考え。27日の定例記者会見で発表した。

 鳥獣侵入を防ぐ電気柵や防護柵の購入費の3分の2以内を補助。上限は個人が20万円で、法人や団体は30万円。町によると、観光事業者も補助対象とするのは県内で初めてという。ミニゴルフ場などから被害の報告があるほか、キャンプ場が客への被害を懸念しており対象に加えた。