学びの森の山道で愛らしく咲くカタクリ。参加者らは踏まないよう注意して歩いた=23日午前10時20分、那須町高久丙

 那須町高久丙の日光国立公園「那須平成の森」で23日、森を散策しながら自生する二つの花を楽しむプログラム「カタクリとショウジョウバカマがともに咲く森へ」が行われた。参加者は足元を彩るかれんな薄紫色の花に心を躍らせ、約2時間半の散策を満喫した。

 那須御用邸の一部が一般開放され2011年にオープンした同園には、カタクリやショウジョウバカマが自生。二つの花が見頃を迎えたこの日は、県内外から訪れた9人が、ガイドの案内で手付かずの自然が楽しめる「学びの森」を歩き汗を流した。森の中で咲き誇る小さな花を見つけると、疲れを忘れ見入っていた。