シンガー・ソングライターの工藤慎太郎

 本県ゆかりのシンガー・ソングライター工藤慎太郎(くどうしんたろう)らが「命の重さ」をテーマに心温まるステージを届ける「第4回 虹を描こうコンサート」が27日、県総合文化センターサブホールで行われる。

 バリアフリーイベントの企画、運営を手掛ける市民グループ「虹の架け橋サポートチーム」が主催。ウクレレ奏者デイジー☆どぶゆきなども出演する。

 埼玉県出身の工藤は2006年、「シェフ」でメジャーデビューし、日本有線大賞新人賞に輝いた。病気療養のため、一時活動停止を余儀なくされたが、13年に再開。母親の実家がある那珂川町で生まれた縁から、本県でも度々ライブを行い、県内のファンも多い。

 「誰の上にも架かる虹のように、年齢も性別も超え、健常者も障害者も一緒に音楽を楽しみながら、生きる活力と温かな気持ちを持ち帰ってもらえれば」と話している。

 入場無料。午後0時20分開場、同1時開演。(問)松浦さん090・2466・3315。