一条中跡地=17年4月

 【宇都宮】市は13日の市議会総務常任委員会で、年度内に解体される宮原運動公園(陽南4丁目)と旧一条中学校(一条1丁目)の解体工事の請負代金(税込み額)を改めて明らかにした。同公園は約3億1244万円、同校は4億3848万円だった。

 いずれも落札業者と仮契約をしており、9月定例議会の議決を経た上で、年度内に着工するという。

 市のまとめた整備計画では、野球場は改築し、フィットネスレクリエーションやジョギングコースなどを新設するという。

 一方、同校体育館は2022年に県内で開かれる国民体育大会の物品倉庫として使った後、解体する方針。