足利市内で開かれた第2期県立高校再編計画案の保護者・教員向け説明会=10日午前

 足利高と足利女子高の統合・共学化、宇都宮中央女子高の共学化などを盛り込んだ県教委の第2期県立高校再編計画案に関する保護者向け説明会が10日、宇都宮、足利の両市内で開かれた。保護者や子どもなど合わせて約260人が参加し、共学化される新校の内容などへの質問が上がった。

 足利市民プラザで開かれた安足地区の説明会には197人が出席。県教委は、足利市内の中学卒業見込み者数の減少率が高いことや、足利高や足利女子高への入学者の学力層が広くなっていることなどを詳しく説明。「小規模校では進学校としての期待に十分応えられない。統合によって大きな学校規模の確保に努め、切磋琢磨(せっさたくま)で学力向上につなげたい」と理解を求めた。