インスタントラーメンを使った、おいしく、健康的なアイデア料理を審査する第15回インスタントラーメンオリジナル料理コンテスト(日本即席食品工業協会主催)で、宇都宮短大付属高調理科3年田中見雪(たなかみゆき)さん(18)が考案した「アボカドとサーモンのラーメンミルフィーユ」が日本即席食品工業協会賞を受賞した。

 コンテストは即席麺メーカーなどでつくる同協会が毎年実施。全国から2042点の応募があった。

 田中さんは、砕いて軽くゆでた即席麺に、小麦粉、粉チーズ、即席麺スープ用の粉末を加えて混ぜ、円形の型に詰めて2枚焼き上げた。2枚の間にアボカド、スモークサーモン、豆腐などを挟み、ミルフィーユ状にした。

 「思ったよりも緊張しなかった」と振り返る田中さん。小中学校時代はバレエの経験があり「バレエ大会で人前に出ることに慣れていたおかげかも」と話す。「塩ラーメンが好き。コンテストでは『サッポロ一番塩ラーメン』を使いました」