高根沢町上高根沢の安住神社で30日、年末恒例の大鏡餅(もち)奉納式が行われ、もち米8俵分、重さ約700キロの巨大な鏡餅が拝殿前に供えられた。

 五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する神事で、1982年に始まった。もち米は同神社の御神田で収穫されたもので、神職と氏子らが2日間かけてつき上げた。下段の餅の直径は110センチ、中段80センチ、上段60センチで、高さはそれぞれ30センチ。3段で90センチになる。

 下段と中段は神職がフォークリフトで運び、上段は雅楽の音色が響く中、12人のみこが担いで供えた。かんきつ類の晩白柚(ばんぺいゆ)としめ縄も飾り、最後に舞を奉納した。氏子のほか写真愛好家らも多数訪れ、盛んにシャッターを切っていた。

 神事の後、荒井清勝(あらいきよかつ)宮司(67)は「この地域は今年、実り豊かな良い年だった。来年は世界的に平和で、豊かな戌(いぬ)年であることを願っている」と話していた。