稲刈りを体験する5年生

 【高根沢】中央小の5年生33人が14日、学校近くの水田で稲刈りをした。

 コメについて学ぶ総合学習の一環で、石末、加藤智久(かとうともひさ)さん(74)の水田を借りて、毎年、田植えとともに実施している。コメどころにある同校でも、手作業で稲を刈ったことのある児童は少ないという。

 秋晴れのこの日、児童は交代で、のこぎり鎌を使って稲を刈り、加藤さんが操作するコンバインまで運び、脱穀した茎を田んぼに戻す連携作業を1時間行った。