一日警察署長として交通安全を呼び掛ける石川さん=21日午前、下野市薬師寺、道の駅しもつけ

 秋の交通安全県民総ぐるみ運動初日の21日、県内各地で女優などが一日警察署長を務め、交通安全を呼び掛けた。運動は30日まで。

 宇都宮中央署から一日署長を委嘱されたバスケットボールBリーグ初代王者、栃木ブレックスの生原秀将(いくはらしゅうすけ)選手(23)は宇都宮市内の広報活動に参加。「バスケも焦るとミスが出る。慌てて運転すると事故につながるので、ゆとりある運転を」と呼び掛けた。宇都宮東署は壬生町出身のグラビアアイドル和地(わち)つかささん(24)に委嘱。

 栃木市出身の女優石川恋(いしかわれん)さん(24)は下野署の一日警察署長を務めた。今月まで放送されたドラマで警察博物館の受付担当役を演じた石川さんは「栃木県での生活には車が必須。自転車や歩行者も含め、交通ルールを守ってもらえるよう呼び掛けたい」と話した。

 「2017年東レキャンペーンガール」の朝香(あさか)りほさん(24)は那須塩原署の一日署長を務め、那須ガーデンアウトレットで広報活動に参加。

 また、真岡署は20日、「トラフィック・セーフティーフェスティバル」をさくら1丁目の市生涯学習館で開いた。益子町在住のタレント井上咲楽(いのうえさくら)さんが一日警察署長を務め、人気ダンスユニット「エグスプロージョン」が交通安全を訴えるダンスなどを披露した。