SAKURAグリーンフィールドで栃木SCコーチの指導を受ける小学生

 【さくら】市が喜連川高跡地第2グラウンドに整備した人工芝サッカー場「SAKURAグリーンフィールド」の完成記念式典が20日、同所で行われた。市や地元行政区関係者、市議、保育園児、小学生など約300人が出席し、完成を祝った。

 式典で花塚隆志(はなつかたかし)市長は「グラウンドゴルフなどにも使えるので、子どもから高齢者まで幅広く利用してもらい、市民の体力、健康向上につながることを期待している」とあいさつ。小菅哲男(こすげてつお)市議会議長、西川公也(にしかわこうや)衆院議員が祝辞を述べた。

 また公募で「SAKURAグリーンフィールド」の命名者となった氏家、会社員山森信子(やまもりのぶこ)さん(39)に記念品が贈られた。花塚市長らによるテープカットの後、喜連川公方太鼓の演奏や栃木SCチアーズの演技が披露され、式典後は完成記念イベントとして、栃木SCアカデミー育成スタッフによる小学生のサッカー教室が開かれた。