益子町の大塚朋之(おおつかともゆき)町長(52)は22日、下野新聞社の取材に対し、任期満了に伴う来年4月の町長選に4選を目指し無所属で立候補する意向を明らかにした。12月定例町議会の一般質問で正式表明する。

 大塚氏は「人口減、少子化は非常に顕著になっているが、町にはそれを克服できる資源がある。将来の課題を見据え、町民が希望を見いだせる施策に力を尽くしたい」と述べた。