完全結氷した「寄栗の大滝」(渡辺孝道さん撮影)

 【鹿沼】例年にない寒さで市西北部の上久我にある「寄栗の大滝」が完全結氷した。滝全体が真っ白に凍り氷瀑が出現した。

 加蘇山神社から約5キロの場所にある大滝は、落差約20メートル。地元住民らが遊歩道を整備したため、新緑、紅葉期などはハイカーが訪れるが、厳冬時期は道路、遊歩道に積雪、凍結がありひっそりとしている。

 1月中旬から凍り始め、幻想的な氷のアート作品が完成した。例年足を運んでいる人によると完全結氷は3年ぶりという。