【鹿沼】下田町1丁目の上都賀総合病院は今月、医師不足のため制限していた産婦人科の分娩(ぶんべん)取り扱いを再開した。新たに男性医師1人が加わったことで、本来の対応が可能となった。

 同科は今年4月から医師が1人不足するのを受け、3月以降は新たな分娩の取り扱いは受け付けていなかった。今月新たに1人加わったことで、常勤医3人、非常勤医5人となった。助産師10人のほか、スタッフに変更はない。

 分娩の取り扱いが止まっていたこの半年間、同病院には「第2子もこの病院で産みたい」「早く再開してほしい」などの要望が多かったという。同病院では昨年250人が生まれている。