華麗な獅子舞が奉納された例大祭

 【鹿沼】疫病退散を祈願し、関白流獅子舞の奉納が23日、入粟野の賀蘇山(がそやま)神社の例大祭で行われた。

 獅子舞は市指定の無形民俗文化財で、尾ざく地区と下五月地区の2保存団体が秋の例大祭で奉納。今年は境内で舞う「庭番」を尾ざく地区、参道で舞う「鳥居前」を下五月地区が務めた。

 関東型の1人立ち雌雄3匹による獅子舞を披露。舞手のけがにより、尾ざく地区の舞は一部省略して行われたが、笛の軽妙な音に合わせた華麗な舞に、観客らは夢中でカメラのシャッターを切っていた。